害虫害獣データバンク: 「す」の脅威情報発信

大阪市の害獣(害虫)を修理隊が駆除

害生物の習性や生息状況を整理したデータベース索引

頭文字が「す」から始まる害獣・害虫の一覧

スズメバチ
スズメバチ(英: Asian giant hornet、学名: Vespa mandarinia)は、ハチ目ハチ科に属する昆虫で、アジアに分布する大型のスズメバチの一種です。特に日本を含む東アジア地域に広く分布しています。以下に、スズメバチに関する基本的な情報を提供します。

●特徴
・スズメバチは大型で、体長は通常3?4センチメートルに達します。特徴的な黒とオレンジ色の斑紋を持ち、特に大顎(顎)が大きく、黄色で顕著です。
・一部の個体は非常に大きな巣を作成し、数千から数万匹もの個体が集まることがあります。
●生息地
・スズメバチは、主に東アジア地域に分布しており、日本、中国、韓国、台湾などで見られます。最も広く分布する種の一つであり、多様な環境に適応しています。
●生態
・スズメバチは、昆虫や他のハチを捕食する肉食昆虫であり、餌として昆虫を摂取することが多いです。
・巣は地中や木の幹、建物の空洞などに作られ、社会性昆虫として群れで生活します。
●人間との関係
・スズメバチの刺傷は非常に痛烈で、アレルギー反応を引き起こすことがあります。また、大量の刺傷を受けると重篤な状態に至ることもあるため、注意が必要です。
・農業や生態系にも影響を与えるため、防除や管理が重要視されています。

スズメバチは、その大きさや特異な外見から人々に恐れられる存在であり、刺傷に対する注意や適切な対策が必要です。地域ごとに異なる対策や対処法が考えられており、対応策の実施や専門家のアドバイスを受けることが重要です。



スズムシ
「スズムシ」は、日本語で一般的に使われる言葉で、実際には複数の意味や解釈があります。主な意味や解釈を以下に説明します。

●スズムシ(鈴虫):
・「スズムシ」とは、日本の夏に鳴く昆虫で、主に田舎や自然の中でよく見られる小さな虫です。特に夜になると鳴き声が聞こえることで知られています。英語では "cicada" と呼ばれます。
●スズムシ(硫黄虫):
・「スズムシ」とは、硫黄を含む鉱石や鉱鉱のことを指す場合があります。硫黄は元素記号がSで表される化学元素であり、硫化鉱などで見られます。
●スズムシ(鈴虫類の総称):
・「スズムシ」という言葉は、鈴虫類全般を指す総称としても使われることがあります。

もしご指定の「スズムシ」について具体的な詳細や特定の意味があれば、それについて詳しく教えていただければと思います。



スカラベ
「スカラベ」とは、昆虫の一群を指す言葉であり、主にコウチュウ目(Coleoptera)のうち、特に甲虫亜目(Scarabaeoidea)に属する昆虫を指します。スカラベは、世界中に広く分布する多様な種類が存在し、形態や生態においても多様性が見られます。以下に、スカラベに関する基本的な情報を提供します。

●特徴
・スカラベは、甲冑に似た堅い外骨格(キチン質)を持ち、硬い前翅で覆われた翅を持っています。多くの種は独特の角や突起を持つことで知られています。
・体長や体色、角の形状、触角の構造などが種によって異なります。
●生息地
・スカラベは世界中に分布しており、さまざまな生息環境に適応しています。森林、草原、砂漠、水辺など、多様な生息地に生息します。
●生態
・スカラベは、草食性、腐肉食性、肉食性などさまざまな食性を持つ種が存在します。一部は糞を食べる種類もあり、糞玉を作ることで知られています。
・一部のスカラベは、糞玉を作って卵を産み、幼虫がその中で育つ特異な生活サイクルを持つことがあります。
●文化的な意義:
・スカラベは、古代エジプト文化などの古代文明において神聖視され、宗教的な意味を持つ象徴とされていました。特に、太陽神ラーを象徴するとされていました。

スカラベは、その独特の形態や生態、文化的な意義から、昆虫学だけでなく歴史学や文化人類学など多岐にわたる研究対象となっています。


害虫・害獣の退治


受付電話番号
copyright©2019 修理隊 all right reserved.