毛色がかわる動物

大阪市のネズミ駆除の修理隊
駆除の修理隊

テンとは

テンの毛色は、夏と冬で色が変わるという特殊な毛色を持つ野生動物です。夏には、やや黒ずんだ黄褐色で顔は黒、冬には、明るい黄褐色ないし黄色で顔が白となります。毛色により呼称が2種類あり黄色い個体をキテン、くすんでいる個体をスステンとも呼びます。関西地方ではスステンが多く目撃されています。テンは、単独で生活しますが出産のために屋内の屋根裏に侵入するケースが少なくありません。オスとメスで体の大きさが異なりオスの方がメスよりも大きく出産は、1度で複数匹出産します。テンの食性は雑食でネズミなどの小動物や鳥類、爬虫類、両生類、昆虫類など何でも食べます。植物質のものは果実を好みます。秋には糞の中にマタタビやサルナシの種が混ざることが多く糞害がダニやノミ。あるいは、病原体の原因になるので危険です。また、農作物が荒らされたり、池の鯉やニワトリが襲撃されるなどの被害も報告されています。

テンとイタチの見分け方

イタチは、テンに比べ小型であることやテンの耳介ははっきりと外に出ていることなどで区別できます。

生活行動について

テンは一夫多妻で雄は繁殖期には数頭の雌と交尾するが非繁殖期には、育児には関与せず単独で生活します。そのため、雌が単独で仔を育てています。テンの行動圏内に本拠地の穴と休息用の穴を持っているのが特徴です。主に夜行性で日没に穴からでて活動し日が昇る時間帯になると近くの穴に入って休息します。ほとんど藪の中で単独で行動しているので個体間のコミュニケーションには糞尿を用いることがわかっています。


関西地域紹介(一部)

和歌山市 橋本市 有田市 岩出市
和歌山県出張対象地域
海南市 御坊市 新宮市 田辺市 紀の川市

害獣の駆除

害獣駆除総合受付