狸の被害が増加傾向となっている

大阪市のネズミ駆除の修理隊
修理隊

タヌキについて

頭胴長50~60cm、尾長は20cm、体重3~5kg程度。体色は全体に褐色で肩から前足にかけてたすきのように黒い毛が生えていて後足も黒い顔は目から下が黒くマスクのように見える。尾は短くふさふさとしているが、アライグマのような縞模様はありません。ハクビシンやアライグマと異なり登ることが得意ではないのでトタン柵や金網柵を設置することで侵入を防ぐことができる。防風ネットなどでは噛み破られる恐れがあるため注意が必要です。また、電気柵を使用することもできるがこの場合柵線の高さが地上から10cmほどになるので下草の管理が煩雑になります。

タヌキの植生は、雑食性で何でも食べます。植物では果実類、堅果類、マメ類、穀物などがある。動物では昆虫、ミミズ、カエルなど小動物、ネズミや鳥なども食べる。このような食性のため、生ゴミや落下果実の処理には注意が必要となります。

タヌキはその存在を知らない人はいないほど身近な動物といえます。タヌキは中山間地域はもちろんのこと、住宅街を生活圏にすることもあり人の目につきやすい動物である。ハクビシンやアライグマと異なり、登ることは不得意なので樹上の果樹を食害するようなことはほとんどありませんが果実は好物であるので落下果実などを食べていることが多い。繁殖は、2~4月に発情期があり、春から初夏にかけて平均4~5頭の子を産む。生まれたての子供は小さく100g程度です。

生活行動

年周行動についてですが、一夫一妻制で春に繁殖をして生まれた子が成長する初秋まで家族が近距離にいて生活をする習性があります。
雄は、子育てに熱心であり、子のエサをを運んだりグルーミングをしたりして雌や子を防衛する特徴があります。生後10ヵ月前後になりますと子が親とほぼ同じ大きさとなると親子関係が弱まっていきます。秋には血縁関係が弱くなって次第に家族から離れて独立生活をするようになってきます。

門真市 摂津市 四条畷市 松原市 柏原市
大阪狭山市 東大阪市 河内長野市
大阪府拠点地域紹介
泉南市 泉佐野市 泉大津市 高石市 阪南市
和泉市 岸和田市 貝塚市 富田林市


※ 福岡県の害獣駆除のご相談も応じています。

行動・習性について

3~5匹のグループで行動するのが狸の特徴です。グループ活動は季節によって異なtっていて、時折、数家族が一緒に集団行動をすることも確認されています。狸は、夜行性で日没の約1時間前から行動開始をして日の出まで採餌活動をします。
ハクビジンなどと同様で排泄物をする場所は、特定の場所だけに集中する「ため糞」といわれる習性があり、この「ため糞」は、集団間のなわばり識別の役割があると考えられています。また、1匹のタヌキの行動域には約10ヵ所の「ため糞」があると考えられている。
タヌキの特徴として、ひどく驚かされたときに一時的な仮死状態となり相手をだます習性があります。この行動は「タヌキ寝入り」と言われていて意識的ではなく本能的に行われる動向といわれています。
生息場所については、山地から住宅地まで広く生息していることが確認されていますが、主に樹林やその林縁部、川や沼沢などが散在する場所に多く生息していることが確認されています。


害獣の駆除

基本駆除料金表