日本に唯一生息するジャコウネコ科の生き物

大阪市のネズミ駆除の修理隊
駆除の修理隊

イエダニとは

イエダニは、ダニの1種でネズミの寄生しています。ネズミが死んだら人に移り変わり吸血し被害を与えます。イエダニという語は、人家に見られるダニ全般を指す言葉として使われることでもありますが標準和名としては本種のみをいいます。

害獣が住み着いた家の二次被害

ダニやノミがネズミやイタチなど寄生している動物から離れなければ害を受けることがありませんが厄介なのは、そのダニやノミがイタチの体から離れて人間やペットに影響を与えてしまう恐れがあるということです。ダニやノミは、人間に飛びついて吸血します。また害獣の体に寄生するダニやノミだけでなく害獣は餌となる小動物を捕獲した後に巣に持ち帰って食べる習性があります。その動物の死骸にもダニやノミは寄生していることが比較的かなり多く死骸を放置されるとダニやノミの発生原因となってしまいます。

イタチの体には多くのダニやノミが寄生していますので屋根裏などに営巣されるとそこから家庭内に拡散し住んでいる人が吸血されるなどの他に病気にもなってしまう危険性が高い。特に女性や小さなお子様など肌が弱い方や柔らかい方は刺されやすく刺されると1週間以上激しい痒みに襲われる為、肉体的・精神的被害は甚大となります。また、ダニの死骸はぜんそくやアトピー等を引き起こすアレルゲンになりますので注意が必要です。

主な被害について

刺す・咬む・吸血
動物寄生性のイエダニ・トリサシダニ・ワクモやマダニ・ツツガムシ等は人間を刺し、吸血する。ツメダニは人間を咬むことがあります。
アレルギーの原因
家のダニ被害で最も問題があるヒョウヒダニの仕業です。空気中の埃や塵に含まれるヒョウヒダニの体や死骸、糞を吸入し、これらがアレルゲンとなりアレルギー症状を引き起こす原因となります。
食品の中などで繁殖
コナダニ・ニクダニが貯蔵食品の中で大繁殖することがあります。羽毛の中ではヒョウヒダニが大繁殖する。
心因性ダニ被害
ダニ被害を訴える方の中で「偽ダニ症」「ダニノイローゼ」と呼ばれ、直接ダニが原因となっていない場合でも心因性のダニ被害を受けていることがある。


様々な被害に合わない為にも害獣が侵入しているのでしたら早めの駆除をオススメします。また、当社でも関西地域全域でイタチ・ネズミなどの捕獲や駆除を承り解決致します。


北海道出張地域紹介(別枠)


北海道出張対応地域
札幌市 石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市
小樽市 北広島市 千歳市 苫小牧市 三笠市

害獣の駆除

害獣駆除総合受付