見かけても餌付けしない!

大阪市のネズミ駆除の修理隊
修理隊

コウモリについて

世界には約960種類のコウモリが生息しています。日本でも35種類(分類法により変動)が確認され多くの種類が日本にも生息しています。普段私たちが飛んでいるのを見たり家に住み着いたりするコウモリは、「アブラコウモリ」がほとんどで鳥類ではなく哺乳類と分類されています。

法律で捕獲できない動物

コウモリは鳥獣保護法の対象となっています。
コウモリは日本国法で保護動物に指定されていますので許可なく飼ったり駆除することが禁止されています。

駆除=捕まえて殺処分や捕獲はできません。

屋根裏や天井裏などに群がっていても対処しない限り増殖し続けます。そのまま放置しておくとコウモリは、一度住み着くとほぼ一生をそこで暮らします。そのため、撃退スプレーや超音波機を購入して試しても一時的に避難するだけでほぼ確実に同じ場所に戻ってくる習性がありコロニーと呼ばれる群れを作ります。そのため、糞などが大量に天井裏やベランダや地面に落ちてきます。この糞にダニなどの害虫の発生源となりSARS・新型コロナウィルス感染症の原因ともなっている害獣です。駆除業者ができることは、出入り口を特定して住み着いているコウモリを追い出すことが唯一の解決策です。追い出した後に糞などを除去し殺虫消毒をして再侵入されないように出入口を塞ぐ必要があります。出入りする隙間は、1~2センチ程度の隙間があればそこから出入りすることができるので見分けが困難でもあります。

アブラコウモリのご紹介

市街地を中心に平地を好み人が住まない山間部などには生息せず都市部などの住宅地などに集中しています。1cm程度の隙間が有ればどこでも侵入することができ在来工法の建物では侵入口が数え切れないほど存在するのが現状です。通常は雌と幼獣の数匹で生活しますが時には、数百を超えるコロニーと呼ばれる集団でになるケースもあります。しかし、成獣の雄は一匹で暮らすことがほとんどで夜行性です。夕刻から日が沈むころに羽ばたきだします。餌となるのは果実や種子ではなく街灯などに集まる蚊やユスリカ、ヨコバイなどの昆虫なので完全な肉食性です。11月頃から活動をやめて冬眠し暖かくなってくる4月くらいから活動を再開します。雌は5年ほどの寿命で多くの病原体が寄生していますのでSARSや新型コロナウィルスにも関わっていると言われています。屋内に住み着いたら早めに追い出すことが大切です。

大阪市から大阪府地域紹介(一部)

池田市 高槻市 豊中市 茨木市 箕面市
大阪府拠点地域紹介
吹田市 寝屋川市 枚方市 堺市 守口市
交野市 八尾市 羽曳野市 大東市 藤井寺市

コウモリの駆除

害獣駆除総合受付