見かけても餌付けしない!

大阪市のネズミ駆除の修理隊
駆除の修理隊

イタチとは

日本国内でイタチが生息しているのは沖縄を除く全国にいます。ネコ目イタチ科の哺乳類に分類されていて「外来種のチョウセンイタチ」と「在来種のニホンイタチ」がいます。胴長短足の容姿をしていますが人間がいる屋内や住居に侵入してきて悪英城を起こします。現在の確認状況ですと人に被害をもたらしているイタチの多くが外来種のチョウセンイタチなのです。本来、日本に生息していませんでしたが、野ねずみなどを駆除する目的日本に持ち込まれたことで生息したのが実態となっています。

イタチの弊害について

農作物を荒らされるという被害以外に人間にさまざまな害を及ぼしいる事実があります。 被害が多いのが宅内や屋内に侵入して食べ物を荒らされたり、ゴミとして捨てている生ゴミなどを荒らすなどの雑食性が強い動物ですが、それ以外にも「家の中で営巣する」という被害が多く発生しています。イタチには、家の中でも最も安全な場所として屋根裏や床下に営巣する習性があります。とても俊敏で小さな穴でもすり抜けることができる動物だけに人間の目が届かないところで繁殖し、そこで糞尿をまき散らすことで悪臭や家そのものへのダメージも懸念されます。また、肉食性が強く獰猛であることから、家の中に入り込んでニワトリやウサギなどのペットを襲うという被害も少なくありません。

イタチの被害を防ぐアイテムについて

農作物などいろいろな被害を防ぐ防御策として、イタチが嫌うもの恐れるものを生態上知っておくのが有効です。嗅覚の鋭い動物なので強い臭いをイタチが避けています。イタチの忌避剤として売られているものの多くは強い臭いを発するものが多く忌避剤の多くは嗅覚が鋭すぎるだけに耐えられないという効果がありドラックストアーなおで販売されています。また、イタチは非常に警戒心が強い夜行性です。そのため光を恐れる習性があって強い光を当てられるとパニックになります。センサーによって動物が接近したら自動的に強い光を発する撃退グッズも市販されています。こうしたアイテムを使うと効果的ですがイタチは、頭がいい動物ですので一時的に効果がありますが慣れてしまえば役に立たないデメリットもありますし死角になっている範囲では効果がありません。

一番効果的な解決策として駆除業者に追い出しを依頼する方法が最善策と言えますのでご一考下さい。


関西地域紹介(一部)

滋賀県出張対象地域
大津市 甲賀市 湖南市 草津市 東近江市
栗東市 彦根市 高島市 守山市 長浜市
米原市 野洲市 近江八幡市

害獣の駆除

害獣駆除総合受付