日本に唯一生息するジャコウネコ科の生き物

大阪市のネズミ駆除の修理隊
駆除の修理隊

ハクビジンについて

ハクビシンは、沖縄以外の日本全土(特に関東と東北)に生息しています。日本固有の在来種か外来種なのかは確定されていなく在来種・外来種と判定されていなく中途半端な位置づけをされています。営巣してしまうと同じ場所に住み続ける習性があるので棲み付かせない事が重要になってきます。厄介な習性が「ため糞」と言って糞をする場所を1カ所と決めて同じところに排泄しつづけます。

ハクビシンに天敵

ハクビシンの天敵は、アライグマ・フクロウ・タカです。その中でも最強の天敵がアライグマになります。ハクビシンはアライグマの棲家に侵入して乗っ取ろうする場合があります。ケンカの末、身体が大きく凶暴なアライグマに負けてしまうこともあるようです。ハクビシンの天敵が増えれば増えるほどハクビシンの個体数が減ると言われています。その代わり外来種であるアライグマが増えると日本の生態系が崩れる可能性が危惧されています。

ハクビシンを捕獲できない

ハクビシンは害獣で、在来種の生態系を崩す恐れがありますが届出なしに捕獲して駆除することを禁止されています。理由は、ハクビシンが鳥獣保護法で保護されている動物だからです。
現在、ハクビシンは外来種なのか?日本原産なのか?未だにハッキリしていません。その為、ハクビシンは鳥獣保護法で保護されています。ただし、ハクビシンによる被害で困っている場合は、県・自治体等に申請すれば駆除することが可能となっています。


関西地域紹介(一部)

奈良市 生駒市 宇陀市 橿原市 香芝市
奈良県出張対象地域
葛城市 五條市 御所市 桜井市 天理市
大和郡山市 大和高田市

害獣の駆除

害獣駆除総合受付