見かけても餌付けしない!

大阪市のネズミ駆除の修理隊
駆除の修理隊

アライグマについて

アライグマは、日本に生息しない外来種です。見た目とは異なり気性が荒く人に危害を加える恐れもあり感染症をもたらす可能性が高い動物です。日本の在来種を補食するので在来生物の生存を脅かす危険性もあり日本全土で農作物に深刻な被害をもたらしています。

アライグマの弊害について

食肉類に分類される野生動物で「あらいぐまラスカル」で有名になり輸入されて捨てられた動物が野生化している現実もあります。体長は60~95cm、体重は1.5~10.5kg善後でカナダ南部から北アメリカで多く生息しメキシコにも生息していました。河川や湖岸、湿地といった水気の多い地域を好む動物で都内でも目撃されています。夜行性ですが昼間も行動する姿が確認されていて雑食でアライグマが触れるものであれば何でも餌にしてしまう雑食能力が高い。また、幼獣の成長スピードも1ヶ月で平均1kgと早いのが特徴でメスは生後1年で出産ができるようになり1年に約4頭を出産するなど繁殖力も高く生息していた地域でない場所に順応していく能力も保持していますので個体数が増え続けています。


関西地域紹介(一部)

京都市 宇治市 城陽市 長岡京市 向日市
京都府出張対象地域
京田辺市 木津川市 亀岡市 南丹市 八幡市

害獣の駆除

害獣駆除総合受付