「同じ穴のムジナ」という思いつくのがアナグマである

大阪市のネズミ駆除の修理隊
駆除の修理隊

田畑を荒らす「アナグマ」について

アナグマは、タヌキやハクビシンなどに見間違えられやすくアナグマが掘った穴に他の動物が住処にすることが少なくありません。ですから、放置しておくと田畑に住み着かれると厄介で農作物を食い散らかしたりして経済的損害をうけてしまう害獣でもあります。
このように田畑で見つけたら被害を出さないため、増やさないためにも一刻も早くアナグマの駆除をおこなう必要があります。

アナグマの弊害について

アナグマの住処について
地中の下に巣をつくる特性があります。巣は毎年拡張されて深さ4m以上になることもあり入り口が多数あるのが特徴です。
複数の部屋をつくり巣の全長が約1kmに及ぶ巣も確認されています。巣は数頭で共有していて世代に受け継がれてため大多数のアナグマが共同で生活していることも少なくありません

二ホンアナグマについて
イタチ科、アナグマ属に分類される雑食性の動物です。国内では本州、四国、九州地域に多く分布しています。11月下旬~4月くらいの暖かくなるまで冬眠しますが地域によって1年を通して活動することも報告されています。
体長は約40~50cm、尻尾の長さが約6~12cm、体重が約4~12kg、体色は茶褐色~灰色でずんぐりとした体形が特徴で夜に活動する夜行性の動物です。
二ホンアナグマの性格としては、温厚で他の動物とも自ら進んで争うことが少なく巣に共同で住処としていることもあります。警戒心も他の野生動物と比較すると強くなく人に慣れている二ホンアナグマですと人が自分に近づいてもなかなか逃げないことも確認されています。

アナグマの被害について
アナグマは雑食性でミミズやコガネムシなどの幼虫を食し地面から掘り出して食べますが地面を掘っても食料がないと人里まで生活範囲を広げて人の住環境に被害を与えるようになります。
被害例としては、 ・農作物
・建物被害
などですが、アナグマは地面を掘って巣をつくる特性があります。すなわち!空洞になってしまうということです。建物直下に巣をつくられると最悪で建物倒壊などの重大な影響がでてきます。それ以外にも農作物も食害がありますので厄介な害獣と言えます。


鹿児島県の出張対応地域

鹿児島市 霧島市 鹿屋市 姶良市 出水市
日置市 薩摩川内市 指宿市 曽於市
鹿児島県出張可能地域
南九州市 志布志市 南さつま市 伊佐市
枕崎市 阿久根市 垂水市 いちき串木野市


害獣の駆除